fbpx

こんにちは。
イベサポ アンバサダーのなーちゃんです。

日頃、イベサポをオススメしている私ですが、よくこんな言葉を投げかけられます。

「イベサポは不労所得ですか?」

その都度、呆れて、ため息をついています。

「”不労所得“の意味わかってますか?」

私はこの手の質問には、こうやって質問で返すことにしているのですが、今日はその考え方をお話しようかと思います。

不労所得とは、「労働せずとも発生する所得」いわゆる「働かずにお金が稼げる」ということです。

「不労所得」という言葉を使う人に共通しているのですが、「お金を稼ぐこと」を正しく理解していないんですよね。

お金を稼ぐことを理解している人ほど、「不労所得」という言葉は安易に使いません。

本質的な話をすれば、不労所得なんてものは無いからです。


投資は不労所得では無い

お金を稼ぐということは、なんらかの価値を誰かに提供し、その対価として金銭を得ることなんですね。
その提供できる価値のひとつに「労働」があります。働いたら働いた分だけお金を貰える。労働を提供し、対価にお金をもらう。至極シンプルな資本主義のルールです。

一方で、「株・不動産といったものが“不労所得“を作ってくれる!」と考えている人が山ほどいます。本当に嫌になるくらい、います。そして、ネットワークビジネスやネズミ講にハマり、人生をぶっ壊しちゃうんですよね。可哀想に。

不労所得と言われるものの実態について、不動産投資をした場合を具体的に掘り下げてみましょう!

まず、投資対象となる不動産(土地・マンション・一戸建て・ビルなど)を探し、不動産の所有者や仲介業者と交渉します。お互いに納得のいく価格・条件で契約書を交わし、銀行入金したりローンを組んで受け渡しを行う。受け渡し後は、不動産のメンテナンスをし、賃貸に出すのであれば、賃貸仲介会社への営業をし、借主を紹介してもらいます。借主が見つかったら、借主の身分を調査して、信用できるか・トラブルを起こさないかを調べます。それから借主と契約書を交わします。まだまだ終わりませんよ。誰かに不動産を貸してからも、不動産のメンテナンスは必要です。台風とかが来て窓が割れたら、誰が修理するんでしょうか。トイレが詰まったら?不動産所有者(オーナー)が、修繕しなきゃいけないんですよね。基本、外注ではありますが。。。

とまぁ、ここまで読んでくれた人は、もう分かったと思います。

不動産投資は不労所得じゃ無い!

そうです。

けっこー面倒くさいんです。大変なんです。

下手すりゃ、事務作業はしたけれど利益が出ず損失を負うこともあるわけです。

他の投資商材も同じような感じです。興味があれば、調べてみてください。


「不労所得が欲しい?」の矛盾

ネットワークビジネスも不労所得ではありません。

ネットワークビジネスとは、マルチ商法・MLMなどの連鎖販売取引のことです。具体的に説明すると、会員が新規会員を誘い、その新規会員が更に別の会員を勧誘する連鎖により、階層組織を形成・拡大する販売形態です。

友達が欲しくて仕方なくて、都会に出てきたばっかりで寂しくて、友達作りのために参加した交流会で「不労所得が欲しい?」と言い寄られ、「断るのも申し訳ないなぁ・・・」ということで参加したセミナーで契約書にハンコを押してしまうアレですよ。アレ。

興味があれば、是非セミナーに参加してみてください。言動に矛盾がありすぎて笑えます。

代表的な言葉が「不労所得」です。

ネットワークビジネスをしている人たちは、口を揃えて「不労所得」ばかり。

けれども、彼らのやっていることは、いつまで経っても”労働”なんです。残念ながら。

ずっと、新しい会員を勧誘し続けなければいけないビジネスモデルなんですね。

「ネットワークビジネスで大金持ちになった師匠がいるから紹介してあげる」と言われ、ホイホイついていくと、ネットワークビジネスで大金持ちになったであろう人が立って、マイクを握って、講演会をしているわけです。講演会の他には、ワイン会を主催したり、スポーツ大会を開催してリア充感をアピールしたり、、、

ふつーに労働してるじゃん!笑

いつ、真の不労所得を手に入れるんでしょうか。謎です。


イベサポも不労所得ではない

不動産投資同様、イベサポも不労所得ではありません。

支援金を払うという作業もありますし、契約書の確認・捺印・送付。定期的な税務申告をしていただく必要もありますし、決して、不労所得ではありません。

比較的、労働が少なく、効率よく稼げる手段のひとつでしかないのです。

さらに言えば、ある種「不安を抱える」という労働が生じます。

たらればの話になりますが、仮に戦争が起きれば、世の中は飲食イベントどころではなくなるでしょう。さらには日本円の価値がなくなるかもしれない。そういった、100%安全では無い、0.1%くらいの不安が残る、心労があって当然なのです。

これは投資やイベサポだけに限らず、全てのことに言えます。

「不労所得を得たいから、イベサポを始める」という安易な発想は、とても危険なので、やめてくださいね!

あくまで、「効率よく稼げる手段のひとつ」として、イベサポをお考えください。

そして、「不労所得」という言葉を使って言い寄ってくる人には、気を付けてね〜!笑